Kensuke Esato,M.D.
江里 健輔
 
江里 健輔
山口大学名誉教授
山口県立大学学長・理事長
執筆情報 [詳細ページ]
赤ページ

インフォームド・コンセントを誰にするのか?(2006,2)
2006年02月25日

      インフォームド・コンセントを誰にするのか?
                  山口県立総合医療センター
                      院長 江 里 健 輔


医療は病んでいる人を癒し、疾病を治し、予防する使命を担っているのは当然である。従って、医療行為は患者の身体への侵襲を伴うが、それが許されるのは患者の生命を保つために必要であるからである。この過程において生命を保つ目的が生命を失うようなことなれば医療は成り立たなくなる。しかし、医療には「患者が受ける利益」と「患者が受ける損失」が常に表裏一体となって存在している。
そこに、インフォームド・コンセントを適切に行う必要が生じ、それをすることが義務付けられている。インフォームド・コンセントでは行おうとする医療行為がもたらす成果のみならず、生命を脅かす危険性も適切に説明し、同意を得る必要がある。それらの中には医療施設(設備、スタッフの質と量など)と担当する医師の技術、知識、誠意・熱意、さらには、医療をうける患者の状態によって異なる対応の必要性について説明することで、患者・家族と医師との信頼関係を築き、共通の認識を持つことが求められる。
そのように時間とエネルギーを要して説明しても、患者・家族から医療人へのパッシングの中には目にあまるものもある。その多くはインフォームド・コンセントを誰にしたかどうかに係わることである。
72才の女性が閉塞性動脈硬化症で入院され、下肢動脈造影検査が必要であった。担当医は患者と48才の娘さんに説明し、血管造影検査施行の了解を得た。血管造影終了後、急性動脈閉塞が併発し、下肢が蒼白になり、緊急手術を要した。娘さんは母親の状態がただならぬことと感じ、単身赴任で遠くに在住していた主人に連絡された。その主人は仕事もそこそこに、母親の入院している病院へ駆けつけた。担当医が経過を累々と説明するも、「何故、動脈造影検査する前に私に説明してくれなかったのか?説明すると云われれば、直ちに、帰って、病院に駆けつけたのに。今になって下肢の色が悪くなり、手術をされると云われても納得出来ない」、最後には「貴方のような人が医師であるかぎりは、私の母親のような犠牲者が次々と出るに違いない。私の力で医師をやめさせてやる」と相当な剣幕である。担当医は対応に苦慮し、私の指示を仰いだ。
ご主人は
「担当医は家内と母親に十分説明したと云われるが、一家の柱である私には全く説明がない。このままで、母親に万一のことがあれば、祖先に申しわけない。担当医を許すわけには行かない。このような担当医がいる限り、日本の医療は良くならない」
と強行です。
担当医の説明の不備などに対し、順序立てて説明し、彼も若い医師でまだまだ将来があるからと丁寧に話してどうにか了解を得ることができた。
担当医はとても生真面目な、温厚な人物で、患者及び娘さんに為されたインフォームド・コンセントが不十分であったとは思えない。問題は、母親のキーパーソンが誰であるかを十分捉えておらず、無意識にインフォームド・コンセントをしたことである。我々のような地方にある病院では盆休み、正月帰省で里帰りし、おじいちゃんやおばあちゃんが入院していると、家族の多くが訪れてくる。その場合、ちょっとした病院の不備、あるいは、職員の対応のまずさを見つけては「都会の病院と比べて見劣りがし、とても我慢出来ない」と大変な非難である。いつもそばにおられる家族の方々は日常の病院スタッフの対応を十分理解されているので、彼らの非難を冷や冷やしながら、じっと聞いておられ、「いつも良くして貰っているから、そんなに云わないで」とスタッフの弁護をする。その場合、この非難が大きく発展するかどうかはキーパーソンとなる人物がどのようにその問題を捉え、対応するかにかかっている。
インフォームド・コンセントには十分時間をかけて、説明することは当然であるが、その患者を取り囲むキーパソンに十分説明していなければ、インフォームド・コンセントしたことにはならない。それには、初療の際にキーパーソンを聞きただしておくことです。
予診で家族構成、家族の住所、患者の病歴を把握することは極めて重要です。時々、患者の職業も把握していない担当医がいます。診療が、コンピュータ化するにつれて、患者の顔を見ずに診察する光景が多くあり、診察中、先生から一度も私の顔をみて貰えなかった」と苦情をこぼす患者が多数います。
キーパーソンに説明が十分されていれば、医療事故が大きく問題に発展することは少なくなると信じます。
インフォームド・コンセントを義務的にするだけでなく、効率的に行うように心がけるのが良い医療に繋がります。




[ もどる ] [ HOME ]