Kensuke Esato,M.D.
江里 健輔
 
江里 健輔
山口大学名誉教授
山口県立大学学長・理事長
執筆情報 [詳細ページ]
風のとき(宇部日報)

品格ある「うそ」がほしい NEW
2013年01月01日

宇部日報(平成25年1月1日)
         品格ある「うそ」が欲しい
             山口県立大学学長(理事長)
                      江里 健輔

曽子曰(いわく)く、吾(われ)は日に三たび吾(われ)が身を省(かえり)みる。人の為に謀(はか)りて忠(ちゅう)ならざるか。朋友(ほうゆう)と交(まじ)わりて信ならざるか。習(なら)わざるを伝(つた)うるか(自分は三たび反省し、他人の相談に誠意をもってのったか、友人との付き合いに不信の言行はなかったか、習いもしなかったことを伝えることはないか)。
陳舜臣{論語抄}より引用したものです。
この数年、「マニフェスト」という言葉が政界で謳歌(おうか)し、国民が翻弄(ほんろう)されています。清き一票はこの「マニフェスト」が実行されれば幸せになれると信じるからです。しかし、言葉巧みに国民をだまし、守れなかったら、頭を下げて謝ればそれでよし、が信条のように思えてなりません。
今年はへび年です。干支(えと)の中でも1位、2位を争うほどの頭の賢い存在だそうです。これを政治家に結びつけるつもりはありませんが、少なくとも、声として発したことには責任を持ってもらいたいもの。小学生が「先生が、“うそは泥棒の始まり”というちゃったけど、政治家は別なのね」と尋ねられ、答えに困ったと友人が言っていましたが、子どもに説明できる行動をしてもらいたいものです。
お年玉にうその明言をどうぞ
芭蕉
「詩歌俳諧とはうそを巧みにつくことなり」
ピカソ
「芸術はうそであるが、それは真実を明らかにしてくれるうそである」
今年こそ、品格ある「うそ」がほしいものです。

             



[ もどる ] [ HOME ]