Kensuke Esato,M.D.
江里 健輔
 
江里 健輔
山口大学名誉教授
山口県立大学学長・理事長
執筆情報 [詳細ページ]
癒やしのそよ風(ほうふ日報)

女性が長生きするのは何故?? NEW
2019年09月27日

防府日報(2019,9,27)   
女性が長生きするのは何故??
     山口大学・山口県立大学名誉教授
              江里 健輔

日本人の平均寿命は年々長くなり、平成29年度のそれは男性81.09歳、女性87.26歳で前者は世界第3位、後者では世界第2位でした。男女の差は6.17歳と明らかに女性が男性より長く生きます。
何故でしょうか?
安田生命より、女性の方が「普段から健康に留意」しているということが報告されました(朝日新聞、2019,7,17)。この報告によりますと、20〜79歳の計5640人を対象に調査したところ、「普段から健康に気をつけている」と答えた割合は女性が62.8% 、男性57.8%と女性の方が男性より5%も高く、また、「健康に不安を感じている」と答えたのは、男性60.2%,女性62.1%と健康意識は女性に高かったです。
女性は結婚して家庭を持つと食事などのライフスタイルを管理し、夫や子どもの健康管理を主導していきます。一方、女性は美容、ダイエット、月経、出産、更年期など自分の体と向き合う機会が多いので、自然と健康管理が身についています。これらの事が女性が男性より長生きさせると言われています。
この他の理由として、女性ホルモンであるエストロゲンの作用と染色体が男性より異なるということがあります。エストロゲンは卵巣、副腎皮質などで産生され、20歳頃がもっとも多く産生され、40歳頃から低下し、加齢と共に著明に減少します。主な働きは
@女性らしい体を作る
A乳腺の発達を促進する
B子宮内膜を厚くして、受精卵の着床を補助する
C脳の働きを活性化する
D悪玉のコレステロール(LDL)を減少させ、善玉のコレステロール(HDL)を増やして、血管が硬くなるのを抑制する
このホルモンにDの作用がありますので、動脈硬化が原因で発生する心筋梗塞や脳梗塞の発生を少なくします。染色体について、女性にはx染色体(性染色体)が二つありますが、男性は一つだけです。x染色体は体内での酸化を防止する物質を作るシステムを持っています。これらが老化を遅らせると考えられています。
男性も女性と同じくらい長生きしたければ、女性と同じくらい自身の健康管理に努めることが必要でしょう。



[ もどる ] [ HOME ]